NPO法人の資金調達|過払い金のお悩みは弁護士に相談を|返還請求でお金が戻る

過払い金のお悩みは弁護士に相談を|返還請求でお金が戻る

男性女性

NPO法人の資金調達

男性女性

設立間もない団体の運営

地域貢献等を目的として特定日非営利活動法人、通称NPO団体は自分たちの活動を維持していくために運営資金が必要となります。しかし、設立間もない団体であると知名度もなければ信頼性もありませんので、資金集めには苦労します。NPO団体の収入源は、寄付金、事業収入などです。どんなに活動内容が素晴らしくても知名度がなければ誰も寄付しようとはしませんので、初期段階では設立メンバーの持ち出しが主になります。そのため設立したはいいが、うまく経済基盤を固められず1年も持たずに活動しなくなる団体もあります。そこで資金集めに活用したいのが助成金です。民間企業や行政が出資元となって、助成金を助成してくれます。申請をして審査に通過すれば助成を受けることができます。

行政書士に代行依頼

NPO団体の資金調達のために助成金を申請したい、しかしメンバーに誰も助成金の申請をしたことがないとなると、どのように申請書を書いたらいいのかもわからなくなります。しかし、活動を維持するためにはお金は必要、寄付はなかなか集まらない。そういった時には行政書士に助成金申請を代行してもらうことができます。行政書士事務所によっては、NPO団体の設立から助成金申請を代行も行っている事務所があります。代行してもらえるので便利ですが、必ず助成金獲得できるわけではないです。そのためどの行政事務所に依頼するかは、獲得できた場合のみに支払う成功報酬型のところに依頼するのがおすすめです。獲得できなかった場合には費用は発生しないです。